審美歯科・ホワイトニング

トップへ » 審美歯科・ホワイトニング

【審美歯科治療】若々しく健康的な美しい口元に

「銀歯が気になって口を開けて笑えない」「生まれつき茶色っぽい歯がいや」
「審美歯科治療」は、そんな悩みを抱えている方に受けていただきたい治療です。


口元は、その人の品の良さを左右する場所です。 歯の色のクスミや黄ばみがあると、それだけで不健康そうに見えてしまいます。 また、歯にコンプレックスがあると口元を隠すしぐさや不自然な笑顔になり、悪い印象を与えてしまいます。

若々しく健康的な美しい口元になると、患者さまの目がパッと輝く瞬間があります。 今まで家の中に閉じこもりがちだった方が積極的に外出されるようになったり、自分に自信が持てるようになったことをきっかけに仕事がうまくいったりと、 患者さまの笑顔が自然と多くなり、どんどん素敵になっていきます。

少しでも、患者さまが若々しく健康的になるためのお役に立てれば良いと思います。


審美歯科治療の種類
・美しい白い歯になるホワイトニング
・歯に人工歯(詰め物や被せ物)を入れる治療
・口元専門のデンタルエステ


デンタルエステを詳しく見る

なぜ、メタルフリー素材をおすすめするのか

なぜ、メタルフリー素材をおすすめするのか 「自分の家族が治療を受けるとしたら」、「自分が歯の治療を受けるとしたら」、できれば金属を使わないでセラミック治療を選んでほしいと考えています。

歯科治療では、金属アレルギー(金属に触れることによって皮膚がかぶれたりする症状)を引き起こさないよう注意が必要だからです。

金属アレルギーについて
お口の中に装着している義歯や詰め物など、歯科治療用金属(一般的にパラジウム・ニッケル・コバルト・クロム・水銀)が原因となり、顔・全身にアレルギー症状を発症する場合があります。

また、長期間装着されることで、腐食や消耗などによって金属成分の溶解が起こり、金属がイオン化し体内に取り込まれてしまい、アレルギーを引き起こすことになります。 歯科治療方法や使用金属には注意が必要となります。


インプラントは金属アレルギーにならないの?
インプラントに使われているチタンは、生体親和性が高く、金属アレルギーが生じにくい材料です。 しかし、インプラントは様々なパーツで成り立っており、それらのパーツがアレルゲンとなっていることも考えられます。 インプラントによる金属アレ ルギーが気になるという場合も、一度ご相談ください。


自分の家族にすすめない治療を患者さまにすすめるわけにいきません。 歯は治療して終わりではなく、一生つきあっていく大切なものですから、メタルフリー素材のものをおすすめしております。

【審美歯科治療メニュー】白く美しい詰め物・被せ物

健康保険の適用有無に問わず、様々な種類の被せ物を取り扱っています。患者さまのお好みやご予算を伺いながら、もっとも相応しいと思われる素材をおすすめしています。

白く美しい詰め物

オールセラミック
オールセラミック セラミック(陶器)素材を使っているので、自然な色合を再現しやすく、審美性に優れた人工歯です。 特に前歯の治療に使われます。金属を一切使用していませんので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心です。 なお、強い力が加わると、欠ける場合もありますので、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は、事前にご相談ください。


ハイブリットセラミックス
ハイブリットセラミックス セラミックとプラスチックを混ぜ合わせた素材を焼き固めた、自然な色合いを再現しやすい人工歯です。オールセラミックに比べ、経年変化による変色が見られる場合があります。

金属を一切使用していませんので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心です。 なお、強い力が加わると、破損する恐れがありますので、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は、事前にご相談ください。


グラディア
ハイブリッドセラミックにレジンのフィラーを混合した材料で、セラミックに弾力性が加わった材料です。 歯質の切削量も少なく、来院したその日に修復が完成するので患者さまの負担も軽減されます。

金合金
金合金 銀歯に比べて金の含有量が多い人工歯です。天然歯に近い硬さがあり、噛み合わせる相手の歯にも優しく、主に奥歯に使われます。 どちらかというと金属アレルギーを引き起こしやすい素材といえます。


銀歯
銀歯 保険適用内で使用できますが、審美性には欠けます。合金ですので金属アレルギーを引き起こしやすい素材です。


ホワイトニングで輝くような白い歯に

ホワイトニング治療は食物・損傷・薬物・加齢等が原因で変色した歯を、歯を削らずに白い輝きを取り戻すことができる治療法です。

前歯の変色が気になっているという方
前歯の変色が気になっているというのが主訴で来院されました。
変色している歯は神経が死んでいたため、色感を同じ様にしたいのであれば、被せるという方法があります。と伝えました。
患者様は接客業ということもあり、歯のホワイトニングをしながら歯も被せたいというご希望だったので、1か月間ホワイトニング(デュアルブリーチング)を行い、その後右上中切歯にグラスファイバーの土台を入れて、インセラムというセラミックを被せました。
症例

歯周病が楽になったといわれる方も
ホワイトニングで使用するジェルの成分は、もともと口腔内の消毒に使われていたものなので、安全に歯を白くできます。 患者さまの中には、歯周病が楽になったといわれる方もいらっしゃいました。

ホワイトニング治療で効果が期待できる方
ホワイトニング ●加齢による黄ばみ
年齢を重ねるとともに、歯の表面が摩耗して象牙質の厚みが増し、歯が変色した方。歯の色調が黄褐色に濃くなってきた方。

●生活習慣による黄ばみのある方
コーヒー・お茶・カレー・醤油・タバコなど、着色性の強い飲食物を長年摂取してきたことによる歯の黄ばみや、歯周ケアでは落とし切れない汚れがある方。

●遺伝による黄ばみ
遺伝的に歯の色が黄色っぽく変色している方。

【デュアルホワイトニング】最も効果の高い方法
ホワイトニング ホワイトニングの中でも最も効果が高く、短期で歯を白くする「オフィスホワイトニング」と効果が持続する「ホームホワイトニング」の両方のメリットを組み合わせた治療です。 ある程度、オフィスホワイトニングで歯を白くした後、ご自宅でホームホワイトニングを行うことによって、短期間でホワイトニング効果が得られ、後戻りも防ぐことができます。


【ホームブリーチング】ご自宅でできるホワイトニング
ホワイトニング 自宅で行うホワイトニングで、低濃度のジェルを使って徐々に白くしていきます。 歯並びに合わせ、カスタムトレーを作成し、その中にジェル剤を入れてそのまま装着します。2週間程度継続し、好みの白さになったら終了です。

口元からのアンチエイジングを追求

ホワイトニング 東日本大震災の発生から3か月くらいの間、歯肉の状態が改善できない患者さまが大勢いました。 恐らく、震災によるストレスが、口腔内にも影響していたためだと考えられます。

そのような患者さまも続けて歯周病ケアに通っていただき、徐々に改善されていきました。 こうした事実を目の当たりにし、ストレスが体に与える影響の大きさを実感しました。

口元を美しくすることによって、笑顔が増え、自然に口角も上がり気味になります。 そうなると、免疫力が高まり、歯肉の状態が改善され、お口の中の状態がどんどん良くなっていきます。食事は口から摂るものですので、お口の中が健康になるとともに身体も健康になります。

当院に通院なさる患者さまは、健康や美容にもご関心を持たれてどんどん元気になる方がとても多いです。治療中もアンチエイジングの話題で盛り上がることがしばしばあります。

女性、男性、年齢を問わずアドバイスをいたしますので、お口元でお悩みの方は、どんな些細なことでも歓迎いたします。お気軽にご相談ください。

関連ページリンク

【お問い合わせ】まずは、お気軽にお口の中の悩みをお聞かせください。

お問い合わせはこちら

このページのトップへ


トップへ »審美歯科・ホワイトニング

ページトップ