小児歯科

トップへ » 小児歯科

お子さまのペースに合わせた治療

歯科医院が怖いのか、診察室に入って来ると、今にも泣き出しそうな顔をしているお子さまがいます。でも、お口の中を見るだけなら、痛くも怖くもないんですよね。

小児歯科

●一人ひとりのお子さまのペースに合わせた治療

院長は、小児歯科専門医院での勤務経験があり、数多くの小児歯科治療を経験してきました。

お子さまは、ちょっとした言葉でも治療を怖がります。できる限り怖がらない言葉に置き換えて(「麻酔」を「歯を眠らせようね。」という言葉を使うなど)、話すよう心掛けています。

その子の性格や個性を見ながら適切な対応をいたしますので、安心してお任せください。

●お子様のマウスピース矯正 詳しくはコチラ

乳歯が生えてきたときが、定期健診の始まり

小児歯科 生え始めたばかりの乳歯は、とても軟らかくてデリケートです。油断をしていると、お口の中が細菌でいっぱいになってしまいます。

ところがお子さまの成長は早く、注意を怠るとすぐに虫歯になってしまいます。 大切なお子さまの歯を虫歯から守るためにも、この時期から始める、歯の定期健診をおすすめします。 また、不正咬合や不正歯列の可能性があれば、経過をみながら矯正治療に移ることも可能です。

ご家族そろって定期健診を受診すれば、お子さまの励みとなり、歯の健康に対する意識も高まるでしょう。当院の定期健診で、虫歯知らずのお子さまになって欲しいと思います。

【定期健診】3か月に1度の受診で虫歯を予防する

お子さまの成長はとても早く、お口の中も日々変化しています。わずか1〜2か月で虫歯になることもありますので、短い間隔で検診をおすすめしています。


【ブラッシング指導】歯磨き上手な子供を育てる
定期健診
お子さまの歯が生え始めてくると、歯磨きの練習が始まりますが、どの子も手の動きがぎこちなく、歯ブラシが上手に当たりません。これでは汚れが残ってしまい、虫歯になってしまいます。

当院の歯磨き指導は、歯磨き上手なお子さまを育てるためのブラッシング指導です。

●歯ブラシの動かし方や磨き残しのチェック
●歯ブラシのコツを丁寧に指導

【フッ素塗布】丈夫な歯を作る!
定期健診
お口の中に汚れが残っていると、酸が発生し、歯の表面にあるエナメル質が溶かされてしまいます。特に小さなお子さまの乳歯は柔らかく、大人に比べると虫歯にやりやすい傾向にあります。

当院では、お子さまのデリケートな歯を虫歯から守るために、フッ素塗布を行っています。
フッ素は歯の表面にあるエナメル質を強くする物質です。これを歯の表面に塗布すると、エナメル質が酸に溶けにくくなり、虫歯を防いでくれます。

●乳歯や生えたばかりの永久歯に、高い虫歯予防効果を発揮
●効果を持続させるために、3か月に一度の定期的なフッ素塗布がおすすめ

虫歯をシャットアウトする【シーラント】
定期健診
奥歯の溝は複雑な形をしているため、歯ブラシが上手くあたらず、虫歯になりやすい場所です。そんな奥歯の虫歯予防に効果的な処置がシーラントです。

●奥歯の溝をプラスチックで埋める処置
●からだに安全
●奥歯が永久歯に生え変わったお子さまに有効

>>お子さまの矯正についてはこちら

関連ページリンク

【お問い合わせ】まずは、お気軽にお口の中の悩みをお聞かせください。

お問い合わせはこちら

このページのトップへ


トップへ »小児歯科

ページトップ