小児矯正治療を行う意義

トップへ » 小児矯正治療を行う意義

小児矯正治療を行う意義

小児矯正治療を行う意義

小児矯正治療を行う意義

小児矯正を行う意義

これまで、矯正治療は、歯が永久歯に生え変わる頃を目安として始めた方が良い、と言われてきました。 しかし、現在では、『乳歯と永久歯が混合している状態から治療を開始するべき』というような考え方が一般的となってきました。なぜなら、早期に治療を開始する方が、断然メリットが多いからです。

早期治療

早期治療とは、4〜12歳頃に行う小児の歯列矯正のことを言います。
お子さんの成長と発育を利用しながら、あごの骨の成長をコントロールします。そして、あごのズレを整え、(その子本来の)正しい大きさにしてあげることで、永久歯が生えてくるスペースを作り、正常に生えてくるよう誘導していきます。

早期治療のメリット

一番大きなメリットは、成長途中のお子さんのあごの骨を正常な位置で発育させて、歯を抜くことなく自然できれいな歯並びへと導けることです。マウスピースによる治療なども出来ますし、お子さんやご家族への負担も軽く、大きな効果を期待できます。

あごのズレを直し噛み合わせを正しくすることが、骨格を形成していく成長過程ではとても重要です。骨格が正しければ、歯並びが良くなり、そのことで目の大きさや鼻の雰囲気にも変化が表れてきます。結果として、本来持って生まれた「いい顔・きれいな顔」への育成につながります。
→早期治療のメリットを詳しくは、こちらのページ →早期治療のメリットを詳しくは、こちらのページ

早期治療をするかしないか?

永久歯が生えそろってから矯正治療を開始する場合、あごはある程度成長しています。そのため、歯を抜くことでスペースを作る可能性が大きくなります。矯正治療のために健康な歯を抜く...なんて、私たちは、出来ればしたくありません。

早期治療することで、その子本来のあごに成長し十分なスペースが作られます。永久歯が生えてきてからの矯正治療への土台がしっかり出来上がるため、円滑に次の治療を進めていくことができます。

I期治療とは?

子どもの歯列矯正は、2段階(I期治療・II期治療)に分けて行います。

I期治療は、混合歯列の時期(乳歯と永久歯が混合して生えている時期・お子さまの成長によって異なります)に行います。

矯正装置の取り扱いが理解できる4歳〜小学低学年頃からスタートします。
比較的簡易な矯正装置を使い、後から生えてくる永久歯のスペースを確保し、あごのズレを補正することが目標になります。

口呼吸の悪影響

近年、お口をポカンと空けて、無意識のうちに口で呼吸をしているお子さんが多いことに驚きます。

元々、私たち人間は、鼻で呼吸をします。赤ちゃんは、鼻呼吸しかできません。ところが、成長していくにつれ、口で呼吸ができるようになると、楽な口呼吸の方が習慣となってしまい、鼻を使わなくなってしまいます。鼻を使わなくなると、鼻の機能は低下し、身体全体へも悪い影響を与えていきます。

私たちが吸い込む空気には、さまざまなウィルスが含まれていて、鼻呼吸では、その50〜80%を鼻の粘膜が吸着し、体温に近い温度に調整し処理します。が、口呼吸では、そのまま体内へ入り込んでしまいます。

そして、鼻で呼吸しないことで、のどに負担がかかりアデノイド(扁桃腺が腫れている)の原因になることもあります。風邪やインフルエンザにもかかりやすく、喘息にも影響を及ぼします。

さらに、口呼吸では、睡眠中もお口が開いた状態なので、仰向けで寝ると舌が喉の奥へと下がり気道近くに寄るため、いびきや睡眠時無呼吸症候群になりやすいです。ということは、睡眠の質が低下し睡眠中に分泌される成長ホルモンが十分でなく、成長や発育にも影響がでてきます。アレルギーやアトピーにも関わってきます。

脳科学でも、集中力が出ないのは口呼吸が関係していることが分かってきました。口で呼吸すると脳の酸素が消費され血流が増加します。脳を使う必要がない時でも、脳が消費してしまい疲れた状態なので、いざ何かしよう!と思っても、集中力が出ない...ということになるのです。

口呼吸が習慣化されると、ついには、顔面の筋肉や骨格の発育にも悪い影響を及ぼし、面長であごが狭い顔になります。唇がめくれて厚く突き出し、いつも乾燥して荒れているのも特徴の一つです。さらに、お口が空いているので、お口の中は乾燥し、唾液がないカラカラの状態になります。これは、虫歯や歯周病になるリスクが高くなり、口臭の原因にもなります。

口呼吸は、姿勢にも影響を与えます。口で呼吸しやくするため気道を確保しようと身体が前傾になり、猫背になってきます。口で呼吸をしている間は、猫背を直すのは難しいでしょう。

鼻呼吸の重要性

これら口呼吸による弊害ですが、鼻呼吸にすることで、そのほとんどが改善の方向になるとされます。(個人によります)

  • アレルギー体質の改善
    鼻がフィルターとなり、空気中のアレルギー物質(花粉、ダニ、ごみやちりなど)が体内に多く入りません。
  • 風邪をひきにくい
    風邪やインフルエンザなどのウィルスは、乾燥した空気中で繁殖します。鼻で呼吸すると、空気が鼻を通る途中で水分を吸収し湿度を含んだ状態で気管や肺に入ります。繁殖力を弱める効果があります。
  • 質の良い睡眠
    睡眠時無呼吸症候群などで、呼吸が止まることもなく質の良い睡眠がとれます。
  • 虫歯や歯周病になりにくい
    お口の中に唾液が行きわたり、唾液本来の働きをしてくれるので、虫歯や歯周病が起こりにくい状態になります。
  • 口臭予防
    お口の中の唾液が、細菌から発生するガスを流し、口臭を抑えることができます。
  • 口元が引き締まる
    お口の周りの筋肉が引き締まり、顔全体も引き締まって見えます。

歯並びが悪くなる要因

歯並びは、お口周りの筋肉と舌に大きく影響を受けます。癖などで、舌が歯に異常な力を加え続けると、あごの位置がずれ、歯並びが悪くなります。

1. 癖(生活習慣)

指しゃぶりや、口呼吸、下唇を噛む癖では、出っ歯になりやすいです。その他、頬杖をついたり、爪を噛む癖、も歯並びを悪くする原因です。

2. 食生活

よく噛まなくても食べられる柔らかい食事を習慣にしてしまうと、あごの骨が十分に発達せずに小さなあごになってしまいます。小さなあごでは、歯が正常に生えてくる隙間がなく、前後に凸凹した歯並びとなってしまいます。

3. 遺伝

あごの大きさや形が、遺伝的な影響を受けて、歯列や噛み合わせに影響が出てくる場合があります。

歯並びが悪いと...

歯磨きをしても、磨きにくいので磨き残しが多く、虫歯や歯周病になりやすいです。また、噛み合わせが悪いことで、発音しづらかったりします。
その噛み合わせのズレは、顔の筋肉影響し、顔が歪んだり、肩こりや頭痛にまで影響しますし、きちんと噛んで食べないことで、胃腸にも影響したりと、全身へも影響します。

歯並びが悪いことがコンプレックスで、人前で思いっきり笑ったりできないなど、コミュニケーションにも支障をきたします。心の健康面にも関係します。

歯並びが良いと...

歯磨きがしやすく、虫歯や歯周病になりにくいですし、そもそも噛み合わせが良いので、汚れもつきにくいです。あごが正しい位置にあり、発音もキレイです。
そして、口元がキレイなことで、コンプレックスもなく表情は明るく積極的になれたりと、心にも良い影響を与えます。また、歪みがなく、体幹が整い運動能力にもよい影響を与え姿勢も良くなります。

良い習慣が身につきます

また、歯を大切にするという気持ちと矯正中にがんばった歯のお手入れの習慣が身につくのも、大きなメリットです。

我が子への最高のプレゼント

キレイな歯並びは、見かけだけではなく、本当にさまざまなメリットをお子さまに、与えてくれます。

「大切なお子さまへの一生もののプレゼント」そんなふうに、矯正治療を考えていただけるお母さん、お父さんが1人でも多くなっていただけることを望んでいます。

疑問点や不安点は、ひとりで悩むことなく、何なりとご相談くださいね。
→お子さまの矯正歯科治療について、詳しくはこちら →お子さまの矯正歯科治療について、詳しくはこちら


トップへ » 小児矯正治療を行う意義

ページトップ