お子さまの矯正歯科治療について

トップへ » お子さまの矯正歯科治療について

お子さまの矯正歯科治療について

子どもの時から始めると、メリットがたくさん!

まりデンタルクリニックの小児矯正

当院では、『歯を抜かず、目立たず、痛くない』お子さまの矯正を行っています。よい歯並び・噛み合せは、人生の晩年まで、ご自分の歯を残すためにとても重要な要素です。
大切なお子さまの未来のために、最高のプレゼントをしませんか!
→こちらのページでは、小児矯正を行う意義をお知らせしています →こちらのページでは、小児矯正を行う意義をお知らせしています

このようなお悩みや、気になること、ありませんか?

  • 何歳からスタートしたらいいのかな?
  • 受け口は、自然に治らない?
  • 歯と歯の間に隙間があります。やっぱり矯正しかない?
  • 出っ歯なので、口が空いてしまいます...矯正で治る?
  • 矯正は大変と聞きます。うちの子どもに続けられるか心配。
  • なぜ、子どものうちに矯正した方がいいの?
  • 矯正の器具をつけると、いじめに合わないかしら?
  • 目立たない矯正ってありますか?
  • 矯正は、高額だと聞きます。費用や期間はどれくらい?
  • 痛くないのでしょうか?
  • 他の歯科医院で、抜歯すると言われました...

早い時期にしかできない治療があったり、後で行うことで非常に困難となってしまうことが予測されるケースがあります。
悪い歯並びの原因や状態、程度は、個人によって異なりますので、お子さま一人ひとりに合った、治療法やアドバイス(対処法)をご紹介いたします。ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

まりデンタルクリニックの小児矯正

  • 患者さまとのカウンセリングを大切にしています
  • 基本的には、歯を抜かない矯正です
  • ほとんど痛みはありません
  • 取り外しができる矯正器具を使います
  • 患者さまのお気持ちを大切に丁寧に対応いたします
  • 明確な治療法と治療費のご案内をいたします

歯並びが良い【メリット】

歯並びは、見た目の美しさだけではなく、お子さまの発育にも大きく影響を及ぼします。 お子さまの頃から矯正治療をスタートさせることで、永久歯になってから矯正を開始するよりも、矯正期間が短くなり、経済的な負担も少ないこともメリットです。

歯並びが悪い【デメリット】

  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 噛み合わせが悪さが原因で、さまざまなトラブルを引き起こす
  • きちんと噛めずに、消化が悪くなる・唾液の分泌も減る
  • 顔や身体の骨格が歪むことがある
  • あごの関節を痛めやすい
  • 口呼吸になりやすい
  • 言葉の発音が悪くなる場合がある
  • 肩こりや頭痛の原因になることがある
  • 歯ぎしり

『床矯正』と『マウスピース矯正』

患者さま一人ひとり、お口の中の状態は違います。また、開始する時期や周囲の環境も異なります。患者さまの症状やご希望をお聞きし、患者さまにとって最も良い矯正方法をご案内いたしております。

『床矯正』(しょうきょうせい)

床矯正とは、歯を抜かないで、取り外し可能な装置を使用し行う矯正です。 これまでの矯正治療は、歯を抜いて顎のスペースを確保し、歯並びを整えていくものでした。 この床矯正は、永久歯を抜かないで、お子さまの成長に合わせて、歯列スペースを広げていきますので、負担が少ないのが特徴です。 そして、装置は取り外しが可能ですので、しっかりと歯磨きをすることができ、お口の中を清潔な状態に保てます。虫歯になりにくいというのも、この床矯正のメリットの一つです。

床矯正治療のながれ

  • Step 1. カウンセリング(ご相談)
  • 矢印
  • Step 2. 初診・検査・診断
  • 矢印
  • Step 3. 歯科衛生士によるケア
  • 矢印
  • Step 4. 矯正装置を作ります
  • 矢印
  • Step 5. 矯正装置装着スタート

    ・矯正治療期間は、1か月に1回、チェック・調整・診察をします
    ・同時に、虫歯もチェックします

  • 矢印
  • Step 6. 治療終了
  • 矢印
  • Step 7. 定期検診とメンテナンス

『マウスピース矯正』(子ども用)

マウスピース矯正とは、取り外し可能で、日中の生活では装着する必要がなく、 自宅にいる時と就寝時にマウスピースを装着するだけの矯正方法です。

お口の中に、マウスピースを入れるだけで、お子さまが無意識のうちに、舌の位置や頬と唇の筋肉のバランスを改善し、舌と唇が正しい力を発揮できるように促すことで、噛む力を育て、歯を正しい位置に動かそうという治療法です。

ポイントは、ブラケット(針金など)矯正装置による100%の完璧な歯並びを目指すのではなく、70〜80%ほどの自然な歯並びの良さと噛み合わせを目指すものです。

マウスピース矯正の長所

  • お子さまのお口に合ったマウスピース(既製品)を選びます。歯型を取る必要がなく、お財布にも優しいコストパフォーマンス!
  • お子さまのお口に優しい装着感
  • 装着は、起きている時と寝ている時の1時間です。ですから、日中の学校生活にも支障がありません。食事や歯磨き、運動時に外せることで、虫歯にもなりにくい!
  • 基本的に抜歯する必要はなく、受け口や出っ歯、開咬、過蓋咬合の矯正に有効です。※お口の状態によっては、適さない場合もあります。

マウスピース矯正治療のながれ

  • Step 1. カウンセリング(ご相談)
  • 矢印
  • Step 2. 初診・検査・診断
  • 矢印
  • Step 3.治療プランについてご説明

    お子さまと保護者さまのご要望をお聞きしながら、治療方法、期間・費用などの計画をご案内いたします。 矯正中の注意事項や、虫歯対策、メンテナンスなどについてもお話しします。

  • 矢印
  • Step 4.マウスピース装着スタート
  • 矢印
  • Step 5.1週間〜10日後、チェック

    装着について、お困りなこと、お悩みなどを確認します。

  • 矢印
  • Step 6.1か月後、お口の中とマウスピースをチェック
  • 矢印
  • Step 7.定期的に調整

    2か月〜間隔で、定期的なお口の中のチェックとマウスピースの調整をします。

  • 矢印
  • Step 8. 治療終了

    その後も、定期的(3か月ごと)にメンテナンスに通院いただくと、お口の中をきれいに保つことができます。

わかりやすく丁寧に、ご理解いただけるよう、ご説明させていただきます。 ご心配やご不明な点、ご希望などございましたら、どうぞ遠慮なくお知らせください。

よくあるご質問

Q.歯の矯正は、なぜ必要なのでしょうか?

A.実際、お口の中の状態を診察してからの判断になりますが、歯並びが悪いことで、良いことは、ひとつもありません。 むし歯や歯周病のリスクが非常に高くなりますし、また、身体に与える悪い影響だけではなく、こころの問題にも関係していることがわかってきています。

Q. 小さい頃から始めた方が良いのは、なぜですか?

A.歯並びは、成長するお子さまにとって、重要な骨格の形成に影響を与えるからです。 また、成長期に始めることで、たくさんのメリットがあるからです。詳しくは、カウンセリングにて、ご説明させていただきます。

Q. 痛みは、どうでしょうか?

A.ほとんどありませんが、もし痛むようでしたら、すぐにご来院ください。また、矯正装置に慣れるのに、2〜3日は、かかると思います。 個人差はありますが、耐えられないような激痛というよりも、継続的な痛みになります。数日経つと、気にならなくなりますので、ご安心ください。

Q.矯正の期間は、どのくらいになりますか?

A.歯が動く期間が約1〜2年です。その後、固定期間は、一人ひとり異なりますが、小学生の間は必要になります。

Q.大人の矯正は、リスクが高いと聞きましたが?

A.大人になってからの矯正は、骨格が出来上がってるため、子どもの矯正よりもリスクは高いです。子どもの成長を利用しながら行うことをお薦めいたします。

Q.大人の矯正は、高額だと聞いています。どのくらいかかるのでしょうか?

A.費用につきましては、もちろん状態によって、また、矯正をされる医院によっても異なります。大人の方の矯正は、100〜200万と高額になることが多いです。大人になってからの矯正は、顎の骨の大きさが決まっていますので、抜歯になる可能性がとても高くなります。

Q. 受け口(反対咬合)は、矯正で治りますか?

A.お子さまのお口の中を診察し、状況を確認してみないとわかりませんが、ほとんどの場合、治ります。ただ、遺伝的要素が強い場合など、治らないケースもあります。 治療を行う際に、しっかりとご説明させていただきます。

Q.矯正治療で、子どもの歯ぎしりは治りますか?

A.歯ぎしりの原因は、環境の変化や心理的なストレスです。ですが、歯並びが悪いと、噛み合わせが変化しやすく、歯ぎしりをしやすいと言われています。 歯並びが悪く歯ぎしりをする人は、歯並びが良い人の歯ぎしりにくらべて、歯にかかる負担が大きくダメージを与えます。

食事の制限はありますか?

A.ありません。

Q.矯正中の食事は、おいしくないのでしょうか?

A.装置は、取り外し可能です。こちらも、普段通りの食事をよく噛んで食べてくださいね。

Q.矯正中の虫歯や口臭が心配です。

A.装置は、取り外し可能です。いつもどおり、しっかり歯磨きをしていただければ大丈夫です。

Q.乳歯がありますが、永久歯に生え変わってから受診すればよいでしょうか?

A.乳歯のあるうちに、診察にいらしていただく方が良いです。

Q.乳歯の歯並びの悪さは、永久歯に関係しますか?

A.関係しています。永久歯の歯並びも悪くなる確率が高いです。お子さまのお口の中を診察させていただいてから、どのような状況かをご説明させていただきます。

Q.何歳から矯正を開始すればよいのでしょうか?

A.4〜9歳頃が最適ですが、もちろん、小学高学年生もご相談ください。お子さまの歯並びが気になったら、なるべく早めに一度ご相談ください。

Q.子どもが、矯正を続けられるか心配です。向き不向きはありますか?

A.ご両親の言うことを聞ける素直なお子さま、お約束を守れるお子さまは、比較的スムーズに続けられると思います。矯正治療は、お子さまだけでなく、ご両親、ご家族、皆さまが一緒に取り組むという姿勢が大切です。 それが難しい場合は、向いていないと思います。

Q.医療費控除は受けられますか?

A.はい、受けることができます。

Q.デンタルローンできますか?

A.現在、デンタルローンは、完備しておりませんが、クレジットカードはご利用いただけます。
→小児矯正を行う意味詳しくは、こちらのページ →小児矯正を行う意味詳しくは、こちらのページ


床矯正の治療費

初診料 保険内
ご相談 無料
検査・診断料 30,000円
床矯正費用 80,000円
矯正期間 調整料 5,000円 月1回ご来院
保定期間 検診料 3,000円 3ヶ月に1回 2年間
※すべて税別です。

マウスピース矯正の治療費

初診料 保険内
ご相談 無料
検査・診断料 30,000円
マウスピース矯正費用 60,000円
矯正期間 調整料 5,000円 月1回ご来院
保定期間 検診料 3,000円 3ヶ月に1回 2年間
※すべて税別です。


トップへ » お子さまの矯正歯科治療について

ページトップ