痛くない虫歯治療

トップへ » 痛くない虫歯治療

最先端のむし歯治療法のご紹介

当院の最新虫歯治療は、歯を削らず、痛みもありません!
歯をガリガリと削る音や痛みが怖い...という虫歯治療のイメージを変えてしまう最新の治療法をご紹介します!

カリソルブ治療痛みもなく、神経を残せる!

当院では、ミニマルインターベーション(M.I)を取り入れできるだけ歯を削らない・抜かない治療を心がけてきました。
この「カリソルブ治療法」は、M.Iの考え方に沿う治療法として、1998年にスウェーデンで導入され、2007年に日本で認可された比較的、新しい治療法です。

カリソルブ治療とは、虫歯になってしまった部分に、薬剤を塗布し、虫歯を溶かします。 そして、溶かされた虫歯部分を器具を使って取り除くという治療法です。
この薬剤は、虫歯部分にだけ作用するため、健康な歯を削ることなく最大限に残すことが可能で、しかも、神経を触ることもないため、治療後も、健康的に歯を守ります。

    カリソルブ治療必ずお読みください

  • 1ドリルの使用を最小限に抑えることができます。
  • 2比較的軽度の虫歯のみ適応となります。
  • 3歯と歯の間の虫歯などには使用することができません。
  • 4治療には通常の虫歯治療よりも時間がかかります。
  • 5痛みは、絶対にないというわけではありません。

治療の流れ

  • 1.虫歯部分に薬剤を塗布
    虫歯部分に効果的に薬剤を投入し、溶けた虫歯を除去するために、少しだけ歯を削る場合があります
  • 2.カリソルブ・キッズソルブを作用させます
    薬剤が虫歯部分に作用して溶かします
  • 3.虫歯を除去します
    溶かされた虫歯部分を特殊な器具で慎重に取り除きます。
  • 4.ドックベストセメントまたは詰め物をします
    完全に虫歯を除去した後は、ドックベストセメントを詰めてから、または、プラスチックやセラミックなどを詰めて塞ぎます。

ドックベストセメント(Doc's Best Cements)

「虫歯を削らず、ミネラルの力で治療する」という新しい発想から生まれた薬剤で、アメリカで開発され、すでに一般的に使われている薬剤です。
その安全性と効果、継続性が高く評価され、日本にも数年前から普及し始めました。
ドックベストセメントは、カリソルブ治療キッズソルブ治療で使用すると大きなメリットがあります。

    ドックベストセメントDoc's Best Cements

  • 1ドックベストセメントに含まれるミネラルの力で、虫歯の残存細菌を半永久的に殺菌すると同時に、歯の象牙質を再生させる作用があります。
  • 2虫歯を除去した後の患部に溜まり硬く固まります。この治療に痛みはほとんどありません。
  • 3副作用などのリスクがありません
    (重度の金属アレルギーの方には、使用できない場合があります。)
  • 4歯の神経を残せる可能性が高く、健康的に歯を残すことができます。
  • 5永続的に殺菌するため再発を予防し、自身の血液中に含まれる抗菌力とミネラルの力で、硬い歯質に戻します。

治療費用

カリソルブは、保険適用外の治療法です。

費用は、カリソルブ(自費) ¥5,000 +詰め物(自費) ¥15,000
=合計 ¥20,000 (税抜き)となります。




痛みの少ない治療で患者さまの負担を軽くする

「歯科医院が苦手」「麻酔注射の痛みが心配」
こうした恐怖心が先立ち、虫歯ができても歯科医院に行きたくないという方が多いと思います。

痛くない虫歯治療

虫歯は、自然治癒をしませんので、そのまま放置しておきますと、どんどん悪化するばかりです。 当院では、「無痛麻酔」を採用し、できるだけ痛くない治療に取り組んでいます。

痛みを嫌がるのは、お子さまも大人の方も同じこと。患者さまが自分の家族だったらと考え、治療に伴う不安や恐怖を取り除くよう心がけています。

4つの痛みの原因
(1)針の太さ
(2)注入時の圧力
(3)麻酔液の温度
(4)ph

麻酔時の痛みに対する当院の取り組み

当院では、(4)ph以外の痛みの原因に対しての取り組みを行っています。


【原因1:針の太さ】極細針を使用
ハリの細さ 当院では、極細針(33ゲージ※0.2mm)を使用し、針を刺すときの痛みを軽減しています。


【原因2:注入時の圧力】電動麻酔器を使用し、一定の速度で注入する
電動麻酔器 痛くない麻酔注射のコツは、余計な圧力をかけずにゆっくり薬を注入することです。注入速度を一定に保つことができる電動麻酔器を使用しています。


【原因3:麻酔液の温度】人肌に温める
麻酔液 麻酔薬が冷たかったり、熱すぎたりすると、注入した時に痛みや不快感がでてしまうので、人肌(34〜35℃)に温めています。


【その他】笑気吸入鎮静法
笑気麻酔は専用の鼻マスクを用いて患者さまに鼻から吸引してもらう麻酔です。 お酒に酔ったような、ポーとなる感覚で、痛みを感じ難くします。治療後、100%酸素を吸入すれば、4〜5分で元の感覚に戻ります。

歯をなるべく削らない治療(ミニマムインターベンション=MI治療)

MI治療 当院では「ミニマムインターベンション=MI治療」を取り入れた、できるだけ歯を削らない・抜かない治療を心がけています。

これまでの治療では、虫歯の再発を防ぐために、感染していない健康な部位も削っていました。 あるいは感染が神経の近くまで達している場合は、抜髄をして(神経を取る処置)が行われていました。しかし、神経を失うと歯はもろくなり、それだけ寿命も短くなります。

最近ではこうした治療から、できるだけ歯を削らない・抜かない治療に移行しつつあります。 一度削られた歯が再生することはありません。当院では、少しでも大切な歯をお守りするため、患部だけを「最小限」に削ります。


ミニマムインターベンション(Minimal Intervention)
「最小限の侵襲」と訳され、悪い部分だけを的確に削り取る治療方法です。 虫歯に感染した部分だけを削ることで、歯に与えるダメージがありません。さらに神経を残すことで、歯の延命にもつながります。

痛みと振動の少ない、やさしい治療【レーザー治療】

レーザー治療 レーザーを用いることで、痛みと振動の少ない、やさしい治療が可能になりました。レーザー治療により以下のような方々の治療に効果が期待できます。


レーザーはこんな方におすすめ
●出血を抑えた治療が可能
●歯がしみる方に痛みの緩和
●歯の神経を抜いた後の殺菌・消毒
●歯槽膿漏(歯周病)の方は通常の治療と比べ、約3〜6倍早く治療を終わらせることも症例により可能
●口内炎には、痛みを感じにくくなり、早く完治
●義歯による痛み、化膿した時の排膿路の痛み等に

関連ページリンク

【お問い合わせ】まずは、お気軽にお口の中の悩みをお聞かせください。

お問い合わせはこちら

このページのトップへ


トップへ »痛くない虫歯治療

ページトップ