抜歯後の治療方法

トップへ » 抜歯後の治療方法

失った歯の治療には2つの方法があります

人間の歯は、一度抜けてしまうと、二度と生えてきません。そのため、本来の機能を回復させるために、何らかの処置が必要です。

失った歯の治療

現在行われている治療方法は、「入れ歯」「ブリッジ」の2種類があり、患者さまのお口の中の状態やご要望、ご予算などに合わせて選択することができます。



人工の橋を架けるブリッジ
失った歯の治療 失われた歯の両隣の歯を削り、それを土台にして人工歯を被せる治療方法です。橋をかけることからブリッジと呼ばれています。

●比較的よくかめる
●入れ歯のように取り外して洗う必要がない
●人工歯を被せるために、両隣の健康な歯を削らなければならない


入れ歯
失った歯の治療 バネで固定させるため不安定さがあり、硬いものや柔らかいものが、かみにくいなどのデメリットがあります。 そのため、「歯肉と入れ歯の間に食べものが挟まって痛い」「装着時の違和感や痛みがある」「見た目が美しくない」などの不満を訴え、入れ歯を敬遠される方も少なくないようです。

●両隣りの歯を削らなくて良い
●比較的簡単に治療が受けられる
●かむ力が弱くなる(自分の歯の1/10)


入れ歯について詳しくはこちら

「ブリッジ」「入れ歯」の比較

無くなった歯を治療する方法
治療法 短所 短所
ブリッジ
ブリッジ
・比較的よくかめる
・固定式のため、入れたり外したりのわずらわしさがない
・両隣の歯を削ることになる(健康な歯を削ることになる)
・掃除が困難
入れ歯
入れ歯
・両隣りの歯を削らなくても良い
・比較的簡単に治療が受けられる
・かむ力が弱くなる(自分の歯の1/10)
・違和感がある
・入れたり外したりのわずらわしさがある
・バネが見えたりするので見た目が劣る
・バネがかかっている歯に負担をかける(次の歯を失う原因を作る)
・虫歯になりやすくなる

関連ページリンク

【お問い合わせ】まずは、お気軽にお口の中の悩みをお聞かせください。

お問い合わせはこちら

このページのトップへ


トップへ »抜歯後の治療方法

ページトップ