はじめての方へ

トップへ » はじめての方へ

初診時の診療内容

初診時の診療内容について

「むし歯は削って詰めれば治る」そう思われている方は、少なくありません。
確かに、悪い部分を取り除いてしまえば、むし歯は治ります。
しかし、お口の中の細菌を残したまま、むし歯治療すると...、
お口の中の環境が改善されずにむし歯を繰り返します。

当医院では、むし歯を繰り返さないために、お口の中の環境を整えてから治療を始めております。
また、カウンセリングで患者さまの気になる部分やご要望を丁寧にお伺いし、診断結果をもとに、お一人おひとりに合った治療計画をご提案いたします。

初 診 〔お口の中の状態を把握します〕

〈口腔内状況〉

口腔内写真



顔の正面写真も撮ります。
山崎さま

治療前・後で顔貌が変化する事もあります。

X-ray(レントゲン)
レントゲン

〈分析・説明〉

治療方針・計画
治療説明・相談をします。

2回目〔患者様自身にお口の中の状態を認識していただきます〕

〈検査〉

細菌叢検査
顕微 菌
  • お口の中から歯垢(プラーク)を採取して、位相差顕微鏡で確認します。
  • 細菌の量や活動性が分かります。(量・活動性には個人差があります)
唾液検査
キット

唾液中のう蝕原生菌(むし歯菌)の活動具合を確認します。
効果的な「虫歯の予防方法」がわかります!

初期治療

歯ぐきの検査

歯周ポケットの深さを計り、出血があるか確認します。

健康的な歯茎は、歯周ポケットが2mm以下です。
衛生士がポケットの深さを読み上げるので、意識して聞いてみましょう!

細菌除去

お口の中の細菌(歯垢・歯石・バイオフィルム)を取り除きます。

TBI(ブラッシング指導)
  • brush
  • brush
  • 現在行っているセルフケアに対してのアドバイスや改善点をお伝えします。
  • 患者様のお口の中に適した歯ブラシや補助用具(歯間ブラシ・フロスなど)を提案します。

メンテナンス

重要です。メンテナンスをしっかり受けなければ歯周病がむし歯が進行する恐れがあります。
※細菌除去については、歯周病が進んでいる場合、何回かに分けて治療する事もあります。

スタッフ一同、大切にしていることは、患者さまとのコミュニケーションです。何気ない会話の中から、問題や原因を発見することもあります。 患者さまとの信頼関係を育みながら、きめ細かな治療を進めていきたいと考えています。治療に関するご要望や悩みが不安などがありましたら、遠慮せずにご相談ください。

治療前に教えていただきたいこと

はじめての方へ 歯科治療は、患者さまにストレスを与えやすい治療です。 体調が優れないと思わぬトラブルを引き起こすこともあります。 治療中の危険を避けるためにも、事前に現在の健康状態と過去の病歴、あるいは服用中のお薬などがありましたら、お伝えください。


持病や服用している薬の明記について
適切な治療を行なうために、お願いしたいことが2つあります。
1. 正確に問診表をご記入ください
2. ご自身の健康状態を正確に教えてください

歯科治療と関係ないように思われるかもしれませんが、治療中のトラブルを避ける上で、非常に重要です。 処方されている薬の中には、歯科治療に影響を与えるものもありますので、「関係ない」と自己判断されないようにお願いします。


万が一、気分が悪くなってしまったら
治療中に気分が悪くなったときは、無理は禁物です。「先生に悪いから」「もうすぐ終わるから、我慢しよう」と遠慮する必要はありません。すぐに手を上げて、お伝えください。


妊娠中の方へ
妊娠中あるいは妊娠の可能性があるときは、胎児にも影響を与える恐れがありますので、治療上の配慮が必要です。 一般的に妊娠12週頃まではできるだけ避け、安定期(16〜28週)に入ってからの受診をおすすめしています。

ご予約に関して

はじめての方へ 当院では、患者さまお一人おひとりとしっかり向き合う診察を行うために、予約制を取りいれております。診療には慎重さや丁寧さが求められ、それなりに時間を要します。 無断キャンセルや直前のキャンセル、大幅な遅刻は他の患者さまの診療にも影響してきます。ぜひ、ご配慮いただけますようお願い申し上げます。

なお、止むを得ぬ事情でキャンセルが必要なときのご連絡は、できるだけ3日前までお願いいたします。
当院では、スタッフ一同、常に時間を厳守を心がけておりますので、ご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。

関連ページリンク

【お問い合わせ】まずは、お気軽にお口の中の悩みをお聞かせください。

お問い合わせはこちら

このページのトップへ


トップへ はじめての方へ

ページトップ