噛み締め・食いしばり・歯ぎしり ボトックス治療

トップへ » 噛み締め・食いしばり・歯ぎしり ボトックス治療

噛み締め・食いしばり・歯ぎしり ボトックス治療

歯科で行うボトックス治療

こんな方にお薦めいたします

噛む力が強いことは、良い事なのですが、反面、歯の寿命を縮めることがあります。

  • 歯ぎしり・食いしばりの癖がある →歯を支える骨がとける
  • 歯が割れた経験がある      →歯の根が割れると抜歯になる
  • 咬筋が発達しすぎてエラが張っている
  • 片咬み癖により、お顔が左右非対称になっている

歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ

ボトックスは、筋肉の過剰な収縮を緩める働きがあります。硬くなってしまった筋肉を柔らかくするので、咬筋や側頭筋、翼突筋にボトックスを注入すると、歯ぎしり・食いしばり・噛みしめによる顎や側頭の疲労感・筋肉痛を解消させたり軽減させることができます。また、これらのクセによって歯がすり減るのを防止します。

顎関節症

顎関節症は、マウスピースを使用する緩和治療が一般的ですが、ボトックスを顎の筋肉に直接注入することで、簡単で楽に改善する場合があります。 (症状により効果を期待できる場合は、お薦めしております。)

口元のシワ・ほうれい線

ボトックスを少量ずつ注射することで、表情によってできる「表情じわ」が改善し、口元のほうれい線を目立たなくします。 また、奥歯の噛みしめや歯ぎしりなどで、噛む筋肉が過度に発達したエラの部分のボリュームを軽減させ、フェイスラインがすっきりし小顔効果も認められます。

ボトックスとは?

ボトックスを身体の一部分に注射すると、その局所の神経と筋肉の間に作用し、筋肉の動きを止めることができます。過度な筋肉の収縮に伴う症状を軽減することができ、過剰な発汗を抑制したり、眼瞼や顔面の痙攣、脳性麻痺の歩行障害などの治療にも用いられています。そして、シワを治療するのに有効な方法として美容にも応用されています。
その効果や安全性は、米国FDA(アメリカ食品医薬品局:アメリカ合衆国の政府機関)によって実証され、世界中で使用されています。 ボトックスを注入すると、委縮して硬くなった筋肉が緩み柔らかくなる効果があるため、一般的には、これを利用したさまざまな美容的治療が知られています。

よくあるご質問

Q.効果は、どれくらい続きますか?

A.ボトックス注入後、3〜6ヵ月経つと、薬の効果が自然にとなくなります。 効果が落ちてきて再び歯ぎしり・食いしばり・噛みしめが現れた方には再注入が必要となります。

Q.治療中の痛みはどんな感じですか?

A.注射する前に表面麻酔のテープをしますので、痛みは、ほとんどありません。

Q.治療にかかる時間はどれくらいですか?

A.通常15分前後です。

Q.治療の際、メイクをしてもいいですか?

A.はい、大丈夫です。治療後、注射した部位のメイク直しが必要になるかと思います。

Q.副作用はありますか?

A.患者さんによっては、吐き気やめまい、高熱など、ごくごく稀にアレルギー症状が出る方がいます。 信頼のおけるクリニックを選ぶことはとても重要です。

料金

1回 35,000円

※価格には消費税は含まれておりません。

当医院のスタッフも体験しています

Q.ボトックス注入をやろうと思ったのはなぜ?

A.食いしばっている人特有の"咬合線"が頬の粘膜の内側にあり、自身の食いしばり(歯ぎしり)癖の酷さを知りました。 普段から肩こりも酷く、食いしばりからくるものではないかと思い今回ボトックスの治療を受けてみることにしました。

Q.ボトックスを行ってからの変化は?

A.職業柄、椅子に座り患者さんの口の中をのぞき込む事が多く自然とのぞき込みながら食いしばっている事があり、肩こりがひどかったのですが、今はその肩こりがほとんどなくなりました!

Q.ボトックスに期待したのは?

A.歯の治療を受けている際に、口が開きづらい事に気づきました。 また、食いしばりが強い方にできる"骨隆起"があると指摘を受け、食いしばり癖があると自覚しました。 歯を失う原因の一つでもあるので、歯の負担を減らすためにボトックスを行いました。

Q.ボトックス治療をしてみて、どうでした?

A.朝起きて肩が凝っていることが多かったのですが(食いしばりが原因で)今はスッキリと起きれます! 治療では、以前に比べ口が開くようになったので先生からも治療がしやすくなったと言われました。ほうれい線が目立たなくなりました☆


トップへ » 噛み締め・食いしばり・歯ぎしり ボトックス治療

ページトップ