金属アレルギー遺伝子検査

トップへ » 金属アレルギー遺伝子検査

金属アレルギー遺伝子検査とは?

長年悩まされてきたその症状、お口の中に原因があるかもしれません。
金属アレルギーには、かゆみやかぶれだけでなく、全身疾患のリスクもあります。あなたの体質を自宅で簡単にチェックできるのが、金属アレルギー遺伝子検査です。
歯を治療したら原因不明の不調がみるみる改善することもあります。ぜひ一度お試しください。


こんなサインがあれば要注意!金属アレルギーチェックリスト

  • □ 普段から頭痛やめまいを起こしやすい
  • □ 時計やネックレスの当たるところがかぶれる
  • □ 原因不明の湿疹やじんましんがよく出る
  • □ 手のひらに水疱のようなものができる
  • □ 歯の詰め物をしてから体調が悪い
  • □ 慢性的な肩こりや倦怠感に悩まされている
  • □ その他、肌荒れ・眼精疲労・不眠など

遺伝子検査の利用方法

生活習慣や体質を改善する具体的なアドバイスにもとづき、お一人お一人の遺伝的体質に合ったオリジナルのプログラムを実施していきます。

「ガルバニック電流」は様々な症状を引き起こします

歯の詰め物やかぶせ物からは「ガルバニック電流」が発生しています。口腔内の電気が基準値を超えると、胃腸障害・めまい・肩こり・首こり・頭痛・疲労感・不眠などの症状を引き起こすことがあります。多くの場合それらの原因が歯科金属にあるとは気づかず、加齢や疲労のせいだと思い込み、長いあいだ不快な症状が続くことになるのです。

金属アレルギー、とくに虫歯治療のための歯科金属が原因の場合は、そのまま気づかずに重症化するケースが少なくありません。炎症によってDNAが傷つき、ガンなどの病気につながることもあります。

簡単な検査で遺伝的体質を明らかに

あなたが金属に「反応しやすい体質」かどうか、簡単な検査で遺伝的体質を明らかにします。

信頼性の高いエビデンス・データに基づき、金属アレルギー体質の有無、あるいは症状に対してどの金属が影響しているか遺伝子検査でその原因を判断します。

長く通院していても症状が改善しない、ステロイドや抗アレルギー剤では腫れやかゆみがおさまらない。皮膚科のはしごをしている・・・・・・。

そんな方には「金属アレルギー遺伝子検査」をおすすめします。


歯科金属がアレルギーの原因になる過程

金属イオンが唾液によって少しずつ溶け出し、体内に吸収・蓄積されます。
それによって免疫応答し、発疹などアレルギー症状を引き起こします。

日本人の多くが金属アレルギー陽性者

日本人の金属アレルギー患者数は推定1,000万人。
ある大学機構のパッチテストの結果では8割以上が陽性者であり、原因となる金属も一人平均2.52種にのぼります。

【金属アレルギー陽性者割合】

81.7%

金属アレルギーの症状改善にはセラミック治療が大きく貢献します

まずは、ご自身が金属アレルギーであることを疑い、その原因を検査で明らかにすることが大切です。
検査結果にもとづき、セラミック歯科治療をご提案いたします。
歯は一生つきあっていくものだからこそ「安心、安全」が一番です。


トップへ » 金属アレルギー遺伝子検査

ページトップ