古くなった歯ブラシはこんなに汚い&危険!

トップへ » 古くなった歯ブラシはこんなに汚い&危険!

古くなった歯ブラシはこんなに汚い&危険!

今の歯ブラシ、いつから使っていますか?もし1ヶ月以上使っているとしたら、今すぐ交換を!古くなった歯ブラシにはこんなリスクがあります。

トイレの水の80倍の細菌!!

ある調査によれば、3週間程度使用した歯ブラシには、およそ100万個もの細菌が付いているそうです。 これはトイレの水のおよそ80倍!こうした細菌が、むし歯や歯周病はもちろん、口臭の原因にもなります。

毛先が開いた歯ブラシも危険!

毛先が開くと、歯を磨く能力が6割程度になってしまい、当然むし歯や歯周病のリスクが高くなります。 また、毛先が開く=弾力性のなくなった歯ブラシを使っていると、歯茎を痛め、出血してしまう場合があります。

こうすれば、細菌の繁殖を抑えられます!

  • とにかくよく乾燥させる

    水分があると細菌はどんどん繁殖します。通気性がよいところなど、しっかり乾燥できるところに置きましょう。

  • 歯ブラシの置き場を清潔に

    コップや歯ブラシスタンドが汚れていると、そこについた細菌が繁殖し、歯ブラシにも付着してしまいます。

  • キャップをしたままにしない

    通気性が悪くどんどん細菌が繁殖します!

  • トイレと同じスペースに置かない

    洗面所とトイレが同じスペースにある場合、トイレからの細菌が空気中に飛び散り、歯ブラシに付着します。

古い歯ブラシはこんなに磨けなくなります!

相対歯垢除去率(%)

(公財)ライオン 歯科衛生研究所調べ ※日本小児歯科学会 1985


ズバリ!歯ブラシはこのタイミング交換しましょう!

1ヶ月たったら交換!

それ以上は細菌が増えすぎてしまいます!

1ヶ月未満でも毛先が広がったら交換!

古くなった、磨けない歯ブラシでは虫歯・歯周病予防になりません!



トップへ » 古くなった歯ブラシはこんなに汚い&危険!

ページトップ